組合案内 組合員名簿 ニュース・スケジュール リンク

最新ニュース

過去のニュース

トップへ戻る



第54回総会を開催


新執行部を代表してあいさつする大槻理事長

 大阪塗装協同組合(略称・ダイト、大槻喜八郎理事長)の第55回通常総会は令和元年7月12日、ホテルアウィーナ大阪で開かれました。

 開会にあたり、大槻理事長は「昨年は大阪北部地震や台風21号と2つの災害があり、大阪人にとっては苦難の時となった。皆さんも台風の被害への対応で、大変忙しい思いをされたのではないかと思う。われわれの組合は、前理事長の言葉にもあったように助け合いをする組合であり、それを合い言葉にしてきた。今回の災害でも助け合う精神を発揮できたのではないかと思う。最近若いメンバーが増えてきたが、先輩たちから引き継いだ助け合う精神は、今後も維持していきたい。現在の会員数は51社だが、先輩たちが組合を運営していた頃は100社を超える会員がいた。組合は数の勝負となるため、ぜひとも会員を増強し、数の力に頼れる組合にしてほしい」とあいさつ。

 議事では平成30年度事業報告・決算、令和元年度事業計画・予算を承認しました。事業計画では▽各委員会事業への参加・協力▽組合員との連携強化支援▽後継経営者(AOP)育成の支援▽賛助会員との連携強化・協力▽関係諸官庁との意見交換・提案活動の実施▽関係団体との連携強化と支援・協力―などを重点施策として取り組みます。
 任期満了による役員改選では、大槻理事長をはじめ、副理事長の安藤俊伸、松岡充史、松田勝巳、江藤聡各副理事長と川久保広宣専務理事が再選されました。

 総会終了後は懇親会を開催しました。来賓の北浦年一大阪府建団連会長、後藤教仁日本ペイント販売本部第一販売部近畿支店支店長から祝辞があり、川原貞儀大阪府塗装工業協同組合理事長の発声で乾杯。盛会のうちに山口一夫フジペック代表取締役による万歳三唱、安藤副理事長の閉会の辞で締めくくりました。


トップへ戻る